はじめまして!管理人のそらと申します【身の上話】

※ここは管理人の自己紹介ページです※

 

当ブログ【そらのススメ】管理人の そら と申します。

アイコンの画像は実家で飼っている犬(ウエスティ)を友達に書いてもらいました。

 

お時間を割いてわざわざご覧いただきありがとうございます。

このブログでは僕が愛してやまない

  • 英会話
  • ブログ副業
  • 映画(主に長編アニメーション)

について、知識の限りできる限りの情報を発信していくサイトでございます。

ゆる〜く接していただけると嬉しいです。

 

しがない会社員ですが、あなたの人生に少しでもお役に立てるサイトを目指し執筆していきます。

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

早速ですが、ここでは少しだけ身の上話をさせていただきますね。

 

普段はIT企業で働きつつ、副業でブログ運営(このブログともう1つ)、日夜時間さえあれば英会話学習、休日は映画観賞とボルダリングにいそしむ30代独身(男)です。

 

仕事柄IT分野は得意で、HTMLやCSS、jQueryはそこそこ使いこなせます。

身長は185㎝、朝活が大好きで朝5時前には必ず起きています。

 

好きなアーティストは「KingGnu」「ずっと真夜中でいいのに」「ミスチル」。

小動物全般、一生見てられます。

昔から関節が固くスポーツする姿がぎこちないので、自分の映る動画を見るのが苦手です…。

 

当サイト「そらのススメ」では

  • 社会人がゼロから学ぶ英会話
  • ブログ副業
  • 大好きな映画(主にアニメーション)

が好きすぎる30代独身会社員の個人ブログです。

参考までにどれほど好きかというと、

何もしていない時は常に英語音声を流していて、
外出する時はいつでもブログ書けるようにパソコンを持ち歩き、
好きなアニメ映画を見る時は勝手に主人公になりきってセリフを口ずさむ(笑い泣きは当たり前)

というくらい愛しています。笑

特に3つ目はもちろんながら誰も知りません。

30の大人が1人でこんなことしてると聞かれたら親も泣くでしょう。(たぶん)

でも仕方ないんです。好きだから。

 

正直に生きることって大事です!

 

……と、いうわけで(なにがだ)

気を取り直して、自己紹介させていただきますね^^笑

 

学生時代 〜いじめられてました〜

小学校1年〜中学校2年後半くらいまで同級生や先輩、後輩からまでもいじめられていました。

 

今となっては「そんなこともあったなあ」と言えますが、当時は結構悩んでました。

何しろいじめのレベルがひどかった。

 

ロッカーにエロ本入れられたり落書きされたり、
発売したばかりのゲームソフトを無理やり売付けられて高額で買わされたり。

昔でいう”不幸の手紙”が幾度となくカバンに入っていたこともありました。

 

クラスメートの前で下品な言葉を浴びせられることなんかしょっちゅうでした。

女子がいる前でズボンを脱がされた事もあります。

 

よくドラマだと、こういう時に颯爽といじめっ子の前に勇敢なクラスメートが現れて

「お前ら良い加減にしろよ!」

って展開が期待されます。

 

でもそこは現実。

 

やっぱりみんな面倒なことは関わりたくないんですよね。

清々しいまでのスルーでした。

まあ、関わりたくないのも分かります。僕だって逆の立場だったらそうしますし。

 

それ以前に、そもそも僕には友達がいない。

なにせ根暗だったので・・・

 

なんとかしたいけど自分ではどうにもできない。

相談する相手もいない。

先生や親にもこのことはずっと黙っていました。

 

唯一の救いは小学校入学時からいじめられていたので、いじめに対する耐性ができていたことくらい。

比較的どんな仕打ちを受けても免疫はできていました。

 

「俺が耐えれば、なんとかなる」

「きっとそのうち飽きるだろう」

 

来るかもわからない平和な世界に希望を抱き、日々を過ごしていました。

 

ところがこれが逆効果を生みます。

いじめても平気な顔している態度に腹を立てたのか、いじめの内容はエスカレートしていったんですね。

 

 

そして、ついに恐れていた日がきました。

 

両親に気づかれてしまいます。

 

父親は呆然とし、母親は涙に暮れていました。

母の涙を見たのはこの時が初めてでした。

 

僕は幼心ながらも事の重大さに気づき、ものすごく後悔しました。

と同時に悔しくてしょうがありませんでした。

 

自分で自分が許せない。

 

そして、ひとつの答えに行き着きます。

 

「俺が強くなればいいんだ」

 

そこから烈火の如く筋トレを始めます。

 

元は超内向的で絵に描いたようなガリガリ体型だったんですが、

鍛え始めたら水球の選手のような体つきになりました。

性格も180度変わりましたね。

 

加えて成長期が上手く重なり身長が170後半までのびました。(これは嬉しかった)

 

約1年間死ぬ気で筋トレに励んだ結果、いじめは自然となくなりました。

 

最初は「いじめた奴全員思い知らせてやる!」と意気込んでいたんですが、結局どうでもよくなってやめました。

元々喧嘩なんて好きじゃないし。痛いのやだし。

 

何はともあれ、親を安心させることができたのは僕の中でもホッと一息できる瞬間でした。

 

 

その後しばらくは普通の学生生活を送ります。

 

 

高校卒業後は自動車系の専門学校に入学し、当時流行っていたドリフトにハマりました。

 

親に激怒されながらも借金してS14シルビアを買い、よく埠頭にいって乗り回していましたね。笑

(この後に及んで少し反抗期的な症状が出ていたかもしれません)

 

ドリフトは1年半くらいやっていましたが、一度も警察のお世話にならず引退することができました。笑

 

壮絶な小中のエピソードが嘘のような普通の学生生活を送ります。

 

社会人時代 〜どん底からの復活、からのどん底からの・・〜

社会人になってからしばらくは着地点の定まらない日々を過ごします。

 

専門学校に通っていたこともあり、ひとまずは自動車系の会社に就職しました。

が、へたれすぎて仕事についていけず4ヶ月でやめてしまいます。

 

その後は少し病んで(今さら)パチンコ屋と物流倉庫でバイトの日々。

やりがいはほぼ感じなかったけど、お金には困らなかったので生活面でいえば割と充実してました。笑

「一生このままでもいいかも。」

なんて思ってましたね。

結構なクズ人間です。

 

しかし現実を見れば、友人たちは大手メーカーでちゃんと正社員として働いています。

 

日を重ねるごとに「このままじゃダメになる」という思いも強くなりました。

 

そんなある日、物流倉庫バイト中に結構な大事故にあいます。

(詳細はエグいので省きます)

幸い一命は取り留めましたが、一歩間違えば片足を失うところでした。

 

原因は会社側が新人さんへの指導を怠り、その新人さんが機械の操作を間違えるという、いわゆる監督不行届。

最初は会社との間で少し揉めたりもしました。

ただまあ後遺症などもなく労災認定されて半年くらい休めたので、まあいいやって感じでした。

 

ちょうどいい機会なので、今後について少し考えました。

そしてこのタイミングでバイトを全て辞めて就活に専念することにしました。

 

晴れてニートに逆戻りです。

 

当時25歳。

特別秀でた才能もない当時の僕にはさほど選択肢などなく。。。

試行錯誤の末「まあ手に職といったらITでしょ!」とシンプルに決意。

ひとまず貯金があったので安いパソコンを買って独学で勉強を始めます。

独学に少し飽きてきた頃、運良く電車一本で行ける範囲にHTMLやらを教える格安のパソコンスクールを発見。通い始めることに。

 

とはいえ当時の僕は、

「ブラウザってなに?」

「HTMLソース?どんなソース?」

というレベルからのスタートだったので正直かなり苦労しました。

 

約半年間の猛勉強ののち、なんとかHTMLとCSSの知識を身につけることに成功。(結構がんばりました)

 

たまたま未経験で募集していたIT系企業でひとまずバイト(HTMLコーダー※)として働き始めます。

※サイトを画面上に表示する骨組みを調整する人

がむしゃらながらも頑張る姿勢が評価されたのか、なんと正社員になることができました。

 

「やったぜ」

 

ところがひとつ問題が発生。

採用当日になって上司に「あ、プログラマーとしての採用になったから」と言われました。

(簡単に説明するとHTMLはWEBサイトの表側、プログラマーはサイトの裏側をいじくる人で、難易度が雲泥です。内容もまるで違うし後者が激ムズ)

 

いやいや無理無理。てかなぜそうなる。

そして当日に言うか普通・・・

あまりに横暴です。

 

気が弱かったのでソフトに抗議しましたが、もちろんダメでした。

「ゼロからしっかり教える」と言っているし、採用取り消しされるのも嫌だったのでしぶしぶ承諾しました。

(あとで聞いたら同じパターンで辞めた人の代わりだったようです)

 

結論を言うと、家に帰れなかったり案件がミルフィーユの如く重なったりと、心身ともに3回くらいは地獄の手前まで行きました。

最終的に精神がやられ約3年で辞めました。

 

ただいまニート。

貯金はあったのでしばらく生活には困りませんでしたが、この時28歳。

 

「28歳、無職」

響きだけでもうヤバい。

 

子供の頃は未知の世界だった「アラサー」という立ち位置に今自分がいることを実感。

そして中学校以来の人生2回目、ついに火がつきます。

 

人生で初と言っていいくらい死ぬ気で就活した結果、今の会社に入社できた次第です。

おかげさまで今は比較的穏やかに働くことができています。

 

実を言うとこの会社でも紆余曲折ありましたが、

2020年現在では自分にとって心地良い環境で日々邁進しています。

 

今では精神的に余裕もできて多趣味になったこともあり、

「せっかくなので発信しよう!」ということで
当ブログを開設させていただいた次第です^^

 

簡単といっておきながらダラダラ長くなってしまい申し訳ありませんでした。

飽きてしまわれる前に、この辺で自己紹介は終わりにします。

 

ところどころ拙い表現などあるかと思いますが、あなたが少しでも満足できるサイト作りを目指し頑張る所存です!

 

「なかなか役に立つじゃん」と思っていただけたら泣いて喜びますので、

どうか末長くよろしくお願いいたします^^

 

管理人 そら